ナーフ

【ナーフ】デルタバースト レビュー:バースト射撃の光線銃

当ブログでは「5歳児と家で遊ぼう!」をテーマに色々なおもちゃやゲームを紹介しています。

今回はナーフ:デルタバーストのレビュー。
前回紹介したアルファポイントのアサルトライフル版です。
「ナーフって何?」という方はこちらの記事を先にご覧下さい!

 
おうちの中で撃ちまくれ! ナーフの魅力を解説するよ

続きを見る

 

デルタバースト

ナーフ レーザーオプスプロ デルタバースト E2279 正規品 LASER TAG®技術搭載

Good!

・超カッコいいSFチックなデザイン
・射撃の反動が心地良い

Bad…

・射撃音がちょっとうるさい

デルタバーストは前回紹介したアルファポイントのアサルトライフル版。実際の弾丸は発射せず、レーザーで撃ち合う用のおもちゃ銃です。
アルファポイントとも互換性があるので両方の銃を混じえて対戦することができます。

 

アルファポイントとの最大の違いは、射撃時の反動が再現されていることにあるでしょう。
デルタバーストのトリガーを引くと「ズガガガン!」と音が鳴りリコイルが生じます。サイドのコッキングレバー(みたいな部品)が前後してこの反動を生み出している訳ですが、想像以上にこれが楽しい!

アルファポイントは撃っても効果音が鳴るだけでしたが、デルタバーストはバースト射撃様のリコイルがあるため「撃っている感」が段違いです。
また被弾時も細かくブルブルするようになったため「今撃たれた!」という感覚が掴みやすく、アルファポイントで起きがちな「いつの間にかたくさん被弾していて唐突にゲームオーバーになる」ことが起きにくくなっています。

弱点は重さでしょう。
単三乾電池6本を要するのでそれだけでもそこそこの重量になりますが、残念ながらバレル部分に電池をセットする仕様のため重心が前に傾き、構えていて非常に疲れます。
例によってスマホ連動によるARゲームも遊べますが、構えているだけでそれなりに疲れるので3WAVEをしのいだ頃には「しんどい…もうやめたい…」という気分になります(;^ω^)

そんな訳で長時間遊ぶには重量がネックになるデルタバーストですが、弾丸が実際には出ないにもかかわらず「撃っている感」が堪能できるのは大きな利点。
我が家では子供=アルファポイント、大人=デルタバーストでよく撃ち合って遊んでいます!

 

 

ほかにもあるよナーフ

当ブログのナーフ関連記事まとめはこちら!

撃ってよし飾ってよし! ナーフ記事まとめ

続きを見る

-ナーフ

Copyright© おふとんでゲーム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.