Xbox Series X/S & Xbox One Xboxゲームパス

撃て!走れ!ゲームパスで遊べるFPS/TPSおすすめタイトル【2021年最新版】

コスパ最強の定額ゲーム遊び放題サービス、XboxGamePass。
当ブログではXboxGamePassで遊べる傑作タイトルの数々をジャンル別に紹介しています。

今回のテーマは『FPS/TPS』。
競技性を求めるもよし、ドラマ性を求めるもよし。
ハードの性能をフルに活用した超傑作たちをご紹介します!

 

 

⇧動画版はこちら

 

 

タイタンフォール2

タイタンフォール 2 - XboxOne

地球の植民惑星であるハーモニーを舞台に、支配層と被支配層が終わりなき戦いを繰り広げる近未来――。
生身での銃撃戦と巨大ロボットの操縦がシームレスに共存する名作FPSの続編です。

本作の魅力は何と言ってもキャンペーンモード!つまり一人用のストーリーモード!これに尽きます。
見習いパイロットである主人公が、上司の突然の戦死のせいで最新鋭巨大ロボット"BT-7274"を急遽操縦する羽目に!…という導入で始まるお話。

で、当初はパイロットにとってBT-7272は「自分が生き残るために活用するただのマシン」なんですが、死地を抜けるたびに二人の絆が深まっていくんです。主人公と巨大ロボの熱い友情…この王道展開がもう泣かせるってなんの。

BT-7274の声がまたイケボなんですよね。スゲー相棒感ある。
あの声で
「信じて!」
と言われる例のシーンには涙腺決壊せざるを得ません。

 

戦え!生きろ!
レイズナーとボトムズのいいとこどり感。

 

なお前作『タイタンフォール』にはスマートピストルという超協力な武器がありましたが、あまりの強さに続編である本作ではクビになってしまいました(厳密には使用に厳しい条件がつく特殊兵装扱いに)。
当然ストーリーモードでもスマートピストルは使用できませんが、実は終盤のあるシーンで満を持して(限定的に)登場します。このシーンのシビれ具合と言ったらもう、この瞬間のためにこのゲームが存在すると断言しても過言ではないレベル。
必見です。

ゲーム性の面でも、時空を操作する『PORTAL』ライクなパズル面があったり、スピード感あふれる空中戦闘面があったりとバラエティ豊か。飽きさせません。
FPSのストーリーモードとしては人生最高の体験を与えてくれました。名作です。
なおマルチプレイは全然勝てないのでク〇ゲー(下手なだけ説あり)。

 

 

デスティニー2

Destiny 2 (Original Soundtrack)

超越的な力を持つ"ガーディアン"となり、星々を股にかけた壮大な戦いへと赴くFPS+MMORPGの決定版。

もともと基本無料タイトルではありますが、XboxGamePassなら最新作『光の超越』を含めた全追加コンテンツが無料で遊べちまうんだ。
なお『光の超越』実装とともに、これまでの膨大過ぎるストーリーモードはいったん過去コンテンツとして整理されました。名実ともに新章開幕。
基本無料だからって始めてはみたけれど、何をどう遊べばいいのかさっぱり分からず数分で断念―そんなありがちな事故が予防できるってわけです。新規参戦のチャンス!

そして2020年12月にはアップデートでXbox SeriesX/Sに対応。もともと美麗だったグラフィックに磨きがかかり、さらには余裕の60FPS維持でプレイ可能となりました。
さらに個人的に超絶ありがたかったのが、このアップデートによるロード時間の短縮。以前は惑星を移動するごとに本一冊読めるんじゃないかってくらい長いロードが挟まるのがほんとストレスでしたが、今や爆速。即ロード完了。トイレに行く暇もありゃしねえ!

アップデートでますます神ゲーとなった新世代FPS。ファンタジー寄りのSFが好きならぜひ!
あ、でも対戦(クルーシブル)には近寄らない方がいいかも…。

 

 

DOOM エターナル

Doom Eternal(輸入版:北米)- XboxOne

異世界(地獄)からの侵略を受け壊滅した人類。
プレイヤーはDOOMスレイヤーとなり、悪魔どもが地獄へお帰り頂くお手伝いをします。話し合い以外の方法で。

FPSというジャンルの開祖的存在である『DOOM』を現代に蘇らせたタイトル、その続編です。
続編と言ってもストーリーなどあって無きがごとしなので、本作から始めても無問題。あるのは血しぶき、暴力、そして苦痛で彩られた壮絶な死です。みんながお前を待っていた!

通常攻撃のほか、火炎放射にトドメフィニッシュ、チェーンソーなど攻撃手段が多彩。しかもただ単にいろいろな武器が使えるってだけでなく、敵の倒し方でドロップアイテムが変わるのが特徴的。
なので立ち回りしだいで回復アイテムや弾薬は割とジャンジャン手に入ります。
ところが敵からの攻撃もむちゃくちゃ激しいので、必然的に生き残るためには殺し続けるしかないという危険思想に誘導されます。

これがプレイへの制限ではなく爽快感への導線となっているのがスゴいところ。殺れば殺るほど有利となり、プレイするほどアドレナリンが溢れ出てくるステキなゲームデザインです。最高。

 

 

HALO5

Halo 5: Guardians Greatest Hits - XboxOne

本国アメリカで絶大な人気を誇る人気FPSシリーズの第5弾。
古代文明フォアランナーの残した最終兵器"Halo"をめぐる宇宙規模の大戦争が描かれます。

キャンペーン(ストーリー)とマルチプレイの2モードが収録されています。

ストーリーではシリーズの代名詞にしてお馴染みの主人公"マスターチーフ"がとある事情から軍を離反し、新キャラ"ロック"がそれを追うと言う追跡劇仕立て。
新主人公をフィーチャーした新章開幕編となっているので、シリーズ未経験者でも(ある程度は)安心です。

しかしマスターチーフの相棒AI、コルタナが衝撃の行動に出る終盤の展開には驚かされました。コルタナ…今やウィンドウズの音声認識ソフト担当なのにこんな役回りなんて、マイクロソフト的にはオッケーなのか…?

 

シリーズの代名詞である見事なSFビジュアルは健在!

 

オンラインモードはフェアな競技性が楽しめる対戦モードの"アリーナ"と、課金パワーアップ要素ありのお祭り乱戦モード"ウォーゾーン"の二本立て。
"ウォーゾーン"には協力プレイ"ファイアファイト"(プレイヤー達でチームを組み、強力な敵AIに立ち向かうモード)もあるので、対人戦はちょっと苦手…という人も心配無用です。

"アリーナも"ウォーゾーン"もいまだに大盛況で、その人気の根強さがうかがえます。
FPSと言えばコレと言っても過言ではない、定番中の定番作。
SF好きならぜひ!

 

 

HALO マスターチーフコレクション

Halo: The Master Chief Collection Greatest Hits - XboxOne

『HALO』のシリーズ作が一本にまとまった豪勢なタイトルです。
『HALO5』の世界観についていけねぇ…という方にうってつけの作品。

発売当初は『HALO1』『2』『3』『4』の4作のみの収録でしたが、アップデートでスピンオフ作『ODST』と(個人的に)シリーズ最高傑作である『REACH』が加わり全6タイトルに。遊んでも遊び尽くせない超絶ボリューム。これでシリーズ未経験者もキャッチアップできるし、来る最新作『インフィニティ』にも備えられるってもんです。

昔のゲームではありますが、2020年12月のアップデートでOptimeized X/Sに対応しました。つまり最新ハード準拠の仕様です。
4K画質でテクスチャ美麗。
60FPS安定でヌルッヌルのスッベスベ。
SeriesXでもSでも爆速ロードでストレスフリー。
「昔のゲームだからグラフィックショボい」どころか最新作同等の快適プレイです。

…まあ確かにゲーム内容自体は昔のままなので、ダッシュが標準装備でない点やジャンプがやたらとふんわりしている点などには時代を感じなくもないです。しかしその壮大な世界観は今なお色褪せず、長く愛されるシリーズはやっぱり実力もホンモノだなと感嘆させられます。文句なしの名作。
XboxOneでもシリーズXでもSでも、あるいはパソコンでも!一度は触れて損はしない超定番タイトル。おすすめです!

 

 

ギアーズ5

Gears 5 - XboxOne 【CEROレーティング「Z」】

地底生物ローカストと人類の戦いを描く人気TPSシリーズの第5弾。

ストーリーは前作までとのつながりが濃厚なので出来れば過去作プレイ推奨ですが、未プレイでも「前回までのギアーズ」的なショートムービーが用意されているので何とかなります。
チュートリアル的ポジションのモード『ブートキャンプ』も充実しており、新規ユーザーに対する配慮はなかなか手厚い感じ。

ゲーム内容は『Halo5』同様、キャンペーンモードとマルチプレイモードの二本立てがメイン。

本作最大の魅力はなんと言ってもその突き抜けた残虐さ&豪快さにあります。
ローカストをチェーンソーでぶった斬ると血しぶきが画面じゅうに思いっきり飛び散るという、年齢制限上等なクレイジー演出が最高過ぎ。

ダメージを負った相手に止めを刺す「処刑」も種類が豊富で飽きさせません。
銃床で頭蓋を叩き割ったり、至近距離からレールガンをぶっ放してバラバラにしたり、冷却ガンで氷漬けにした上で粉砕したり、とにかく楽しいブッ殺し感が味わえます。

 

みんな大好きデイヴ・バウティスタも本人役で登場。
ドラックス~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

今回のストーリーは前作で脇役ポジションだったケイトが主役。
こんな血の気の多いゲームなのに女性を主人公に配するところがある意味現代的ですね。
なおSteamのレビューではキャンペーンモード中のオープンワールド要素が不評のようですが、個人的には全然アリでした。いいじゃん自由度高くて。

マルチプレイでは協力プレイモードの"Horde"が相変わらず素晴らしい出来。
他プレイヤーと連携して敵の猛烈な攻勢をしのぐことになるのですが、常にギリギリの戦いを強いられるので生きるか死ぬかのスリルが病み付きになります。
敢えて貧相な武装で敵の本拠地から脱出する新モード"Escape"もスリリング。1セット15分くらいで終わるのでHordeよりも気軽にプレイできるのが嬉しいですね。

2020年12月には突然追加ストーリーが配信されました。ゲームパスならもちろんこちらも無料。なにげに凄ぇ…。
まだまだ精力的なアップデートが続くと思われる人気タイトル。ぜひおすすめです。

 

 

まだまだあるぞゲームパス対応タイトル!

当ブログではFPS以外でもゲームパスで遊べる良作タイトルを紹介中です。
よかったら他記事もどうぞ。

pick up
【決定版】XboxGamePassで遊べるおすすめタイトルまとめ

続きを見る

-Xbox Series X/S & Xbox One, Xboxゲームパス

Copyright© おふとんでゲーム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.